ライバルはおにぎり?湖池屋から新世代スナック「愛をコメて」

湖池屋は、ホクレン農業協同組合連合会の協力により、原料に北海道産コメを使用した、濃厚ノンフライ・たんぱく質入りの新しい米スナック「愛をコメてガリシュリ」(2g、オープン価格)と「愛をコメてミートドリア」(同)を24日から全国コンビニエンスストア、湖池屋オンラインショップで発売した。

日本の主食である「米」が、昨今の糖質制限ブームも相まってZ世代からの価値が失われつつある。米の価値を改めて若者に伝えたいとの思いから、スナック菓子メーカーとしての知見と技術を生かし米の魅力を最大限に生かした次世代型の商品開発に着手した。

今回注目したのは「おにぎり」で、スナック感覚で食べられるのに、おにぎりのうまさを凝縮させたような味わいを1粒で感じられ、独自製法でノンフライかつ濃厚な味わいを実現、たんぱく質入りで1袋110kcalに仕上げた。形状は三角形のおにぎり型を基本としながら、「食」を楽しんでもらう要素として一部にハート型も入れた。

発売を記念して、抽選で10人に商品が当たるTwitterキャンペーンも実施している。

5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも