丸大食品 3月から250品値上げ ハムソー大手の発表出そろう 

丸大食品は3月1日から、ハム・ソーセージ、調理加工食品計250品の規格変更を含めた値上げを実施する。ハム・ソーセージ業界では、すでに日本ハム、伊藤ハム、プリマハムが22年2月、もしくは3月からの値上げを公表しており、同業界大手4社の原料価格高騰への対応が出そろった。

丸大食品の改定幅は5~15%。対象商品は家庭用、業務用の各商品で、ハム・ソーセージと魚肉ソーセージが180品、調理加工食品が70品。

値上げ理由は、主原料や副原料のほか、エネルギーコスト、物流費、労務費などが軒並み増加していることで、同社は「引き続き高品質な商品を提供し続けるため」としている。