実り多い1年を祈念

今年は昨年以上にコロナに翻弄された1年だった。感染者の爆発的な増加に伴い何度も緊急事態宣言が発出された。大型商業施設・飲食店の営業時間短縮、鉄道・航空といった交通機関の利用者減などマイナス面を上げると枚挙にいとまがない。

▼企業ではリモートワークを推奨し、勤務地の選択やギグワークなどが生まれた。また飲食ではテイクアウトや通販の利用が増加。新しいサービスや価値観が芽生え「ニューノーマル」といわれる新しいライフスタイルを尊重。ダイバーシティを受け入れる環境が醸成され始めている。

▼コロナウイルス感染症の広がりは劇的に収まり、現在は落ち着きを取り戻している。しかしその一方で海外での感染再拡大やオミクロン変異株の発生、今後の第6波への懸念などいまだコロナ禍を払拭できない状況が続いている。

▼来年の干支・寅年には荒波に耐えて新しい成長を遂げるという意があると聞く。ウイズコロナに向き合うべく「ピンチをチャンス」に変える気概を持ち続けることで、来年は日本全体にとって実りの多い年になってほしい。