「タリーズコーヒー」ボトル缶ブラックコーヒーで「圧倒的No.1」 “飲料・コーヒー豆・店舗”連動のブランディングに意欲 伊藤園

 伊藤園の「TULLY’S COFFEE(タリーズコーヒー)」ブランドが好調だ。
飲料では、ロングサイズのボトル缶「TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK(タリーズコーヒー バリスタズブラック)」(390ml)が一番の売れ筋。

 同商品について2日の決算発表会で本庄大介社長は「(コーヒー飲料市場で)トータルの販売数量ではNo. 1ではないが回転ではNo.1。ボトル缶ブラックコーヒーの販売金額では圧倒的にナンバーで、ブラックをさらに追及していきたい」と語る。

 広義のブラックコーヒーと同社が位置づける 無糖ラテのボトル缶「BARISTA’S 無糖LATTE」(370ml)も好調。コンビニでの採用が広がり5-10月販売数量で前年同期比32%増となった。

レギュラーコーヒー20gずつ個包装した粉タイプの「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST(タリーズコーヒー ザ バリスタズロースト)」シリーズ
レギュラーコーヒー20gずつ個包装した粉タイプの「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST(タリーズコーヒー ザ バリスタズロースト)」シリーズ

 今年参入したレギュラーコーヒーも存在感を高めている。6月にドリップコーヒー、10月に20gずつ個包装した粉タイプを発売し、さらなるラインアップの拡充を予定している。

 「お茶でリーフとドリンクを展開しているように、コーヒーでも豆とドリンクを連動させた売場を展開していく。ブランディングは、タリーズコーヒージャパンの店舗を加えた3つを連動させていきたい」と意欲をのぞかせる。子会社のタリーズコーヒージャパンは、コロナ禍の人流抑制の影響で足踏みする中、回復傾向にある。

 「店舗開発では伊藤園と協力して好ロケーションを獲得し、オフィス街立地の回復はまだだが、繁華街立地の日中はかなり戻ってきた」と説明する。

“飲料・コーヒー豆・店舗”連動のブランディングに意欲をのぞかせる。手前はドリップコーヒー「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST(タリーズコーヒー ザ バリスタズロースト)」シリーズ
“飲料・コーヒー豆・店舗”連動のブランディングに意欲をのぞかせる。手前はドリップコーヒー「TULLY’S COFFEE THE BARISTA’S ROAST(タリーズコーヒー ザ バリスタズロースト)」シリーズ
 タリーズコーヒージャパンでは現在、店舗でのコーヒー豆などの物販を強化。
 今後の店舗展開については「東京の再開発エリアを狙っていくことに加えて、これまで手薄だったロードサイドやドライブスルーなどをこれから手掛けていく」との考えを明らかにする。