「三ツ矢」など大型ボトル生産量4割に再生PET CO2排出量を47%削減 来年4月からアサヒ飲料

アサヒ飲料は11月25日、「三ツ矢」「カルピス」「十六茶」「おいしい水」「バヤリース」の一部の大型ペットボトル(PET)にケミカルリサイクルで再生されたPET樹脂を100%使用し、22年4月から生産開始を予定していると発表した。

大型PET年間生産量の約40%に再生PET樹脂を使用することで、ボトルに使用するCO2排出量は従来比で約47%削減され、年間で約1万8千400tのCO2が削減される見込みとなる。

今回の取り組みは、持続可能な容器包装の実現に向けた目標「容器包装2030」に向けた取り組みの一環。

同社は、2030年までにプラスチック製容器包装(PET、ラベル、キャップ、プラスチックボトル)の全重量の60%にリサイクルPETや植物由来の環境配慮素材などを使用する目標を掲げている。