タイ製造の鶏肉加工品値上げへ 味の素冷凍食品

味の素冷凍食品は、タイで製造している鶏肉加工品の家庭用製品4品の出荷価格改定と1品の容量改定を22年2月1日納品分から、業務用製品40品種の出荷価格改定を22年3月1日納品分から実施する。

背景には原材料費、エネルギー費、包材費などの製造コストおよび物流費の上昇があり、一部製品の出荷価格と容量改定を実施せざるを得ない状況という。タイで製造している鶏肉加工品は、新型コロナウイルス蔓延のため、現地生産に影響が出ていたが、安定に供給できる目途が立ったことから今回の決定に至った。

家庭用出荷価格改定の対象製品は「ザ★から揚げ」「塩麹レモンから揚げ」「若鶏の備長炭焼き」「グリルチキン 黒胡椒」、容量改定は「やわらか若鶏から揚げ ボリュームパック」。業務用の出荷価格改定は唐揚げ、グリルチキンなどの鶏肉加工品で行う。

値上げ幅は家庭用で約6~10%、業務用は約6~8%。