高校生ならでは!カップスープのアイデアメニュー続々 スマイル“フード”プロジェクト in 東北2021

東洋水産は11月20日、東北6県の高校生を対象にしたフリーズドライ(FD)カップスープのアイデアメニューコンテスト「スマイル“フード”プロジェクトin東北2021」決勝大会を宮城県仙台市内のホテルで開催した。

東北地方に多くの製造拠点を置く同社が、食の未来を担う高校生による地域の食文化創造をサポートしたいとの考えに基づき2015年から開催しているもので、今回で7回目。当日は、過去最多となる応募246チームの中から書類選考で選ばれた6チーム(1チーム3人)が杜の都に参集。プレゼンテーション審査、事前にFD化した作品と、レシピに基づき当日生鮮食材で再現調理した作品による試食審査に臨んだ。

真喜屋理恵子東洋水産常務取締役ら審査員が「おいしさ」「独創性」「地域色」「カップスープとしての実現性」などの視点で審査した結果、仙台白菜、甘酒の優しい甘さと八角の香りが口の中で広がると同時に、レモン果汁の爽やかな酸味がアクセントとなりインパクトのある味に仕上げた「米どころ宮城 冬の森べっぴんスープ」(宮城県農業高校/農業経営者クラブ)=写真最前列左から2~4人目=が優勝。秋田名物「きりたんぽ鍋」を題材にした「秋田っ子のきりたんぽ風味スープ」(秋田県立金足農業高校/I♡米(アイラブマイ)チーム)=写真最前列右から2~4人目=が準優勝に輝いた。

上段中央が優勝レシピ(「米どころ宮城 冬の森べっぴんスープ」宮城県農業高校/農業経営者クラブ)
上段中央が優勝レシピ(「米どころ宮城 冬の森べっぴんスープ」宮城県農業高校/農業経営者クラブ)

優勝した宮城県農業高校農業経営者クラブのメニューは2022年秋頃、マルちゃんブランドの商品として東北エリア限定で発売される予定だが、同クラブのメンバーは「来年商品化される際、皆さんに『おいしい』と思って手に取っていただけるよう、これからも励んでいきたい」と語っているため、店頭に並ぶ時はさらに美味しくなっている可能性も。

大会を総括した峯木眞知子東洋水産社外取締役は「優勝、準優勝チームはレシピの出来だけでなくプレゼンテーションも高い成績だった。優勝した宮城県農業高校は、八角、唐辛子、甘酒、豆乳という斬新なアイデアを工夫し、おいしく出来上がっていた」と評価した。

他の受賞作品は、プレゼンテーション賞「ILOVEふくしま♡ キャベツもちスープ」(福島県立あさか開成高校/チームCRT)、調理技術賞「炭焼きヤマメのワサビきくらげスープ」(岩手県立遠野緑峰高等学校/チームスリー)、地域貢献賞「んめちゃの~。おらだのだだちゃスープ」(山形県立庄内農業高等学校/めっこいあねちゃ)、業界紙記者賞「青森きくらげたっぷり 煮干しマシマシもち麦スープ」(青森県立木造高等学校/K3くらぶ)