動画で「NEOしゃぶ」提案 Mizkan「しゃぶしゃぶ劇場」に続編

Mizkanは、3月から展開する動画コミュニケーション「みんなのキッチンプロジェクト」の第5弾として、「NEOしゃぶ」を提案する「しゃぶしゃぶ劇場」Web動画の続編を11日から公式ユーチューブチャンネルと公式ツイッターアカウントで公開した。食事の準備に負担をかけずに家族みんなで楽しめる簡単で新しいレシピを提案する。

「NEOしゃぶ」は鍋つゆを使用し、これまでになかった新発想の食材で楽しめるしゃぶしゃぶ。「劇団しゃぶしゃぶ」のメンバーとして、杉田智和さん、下野鉱さん、江口拓也さんに加え、クリス・ウェルズさん、脇坂京子さん、レニーハートさんを迎え、6人がそれぞれの家族の声を担当する「しゃぶしゃぶ劇場」Web動画の計2編を公開した。

今回は新商品「スープも味わうしゃぶしゃぶ」を活用した「NEOしゃぶ」2種のレシピを提案する。「ゆず香る!白野菜の上品ぶりしゃぶ」編では、これから旬を迎えるぶりと3種の白野菜のしゃぶしゃぶの作り方を、母が日本語、父が英語で新幹線のアナウンス風に説明しながら、4人家族(父、母、兄、弟)で鍋を囲む。

「ヘルシーなのに食べごたえたっぷり!豚レタス極みだししゃぶ編」では、母が見守る中で「マッチョな3兄弟」が包丁を使わずに豪快に作るしゃぶしゃぶの光景を表現した。ぶりと長いもの意外な食材の組み合わせ、洋の野菜を和の極みだしでいただくアレンジなど、〆(シメ)まで楽しめる鍋を囲んだドラマ仕立ての家族模様を描いた。