三島食品「青のり」販売再開 自社で原料養殖も

三島食品は昨年7月以降、休売していた「青のり」の出荷を今月から再開した。

原料であるスジアオノリの収穫量が2年続けて大幅に減り、原料を変えた「あおのり」を代替品として販売していた。

その際、消費者の混乱を避けるため「青のりファンの皆さま」へとパッケージにメッセージを記載。そのことが共感を呼び、変更後も売上が落ちることはなかった。

同社は昨年から広島県福山市でスジアオノリの陸上養殖を行っている。新製品では裏面に「ただいま帰りました」とのメッセージを入れ、消費者に呼びかけた。