コンビニで「焼きいも戦争」勃発? ファミマも本格参戦

ファミリーマートは「焼きいも」(税込230円)を拡売する。「焼きいも」は、国産さつまいも(紅はるか・シルクスイート)を使用。

収穫後約1か月間の貯蔵を行ない、さつまいもに含まれるでんぷん質の糖分への変化(糖化)を促し、甘み(糖度)としっとり食感につながる粘りを高めてそれを店舗の専用オーブンで石焼きにしたもの。

19年からのテスト販売を経て、昨年、約1030店舗で販売したところ女性層から好評を博したことを受け、今年はおいしさに磨きをかけて昨年の約2.5倍の店舗数となる約2630店舗で販売している。

今回の発売は、昨年2月にかけて展開したドン・キホーテとの共同店舗での実験販売による成果。ドンキの人気商品のひとつである焼きいもを同店で販売したところ、ファミマ側も驚くほどの売れ行きを示した。

ローソンでも2日から「焼きいも」がカウンター商材に加わった。コンビニ大手2社の間で「焼きいも戦争」が繰り広げられそうだ。