家庭用ジャムなど来年2月価格改定 アヲハタ

アヲハタは、22年2月1日出荷分から家庭用ジャムおよびホイップ・スプレッド類の価格改定を行う。ジャム類の果実原料の高騰、ホイップ・スプレッド類の主原料である食用油価格の高騰が主な要因。

果実原料価格は近年、世界的な天候不順と需要増加に加え、物流などのエネルギーコスト上昇などにより一段と高騰している。また、昨年後半から食用油の原料である穀物の国際価格も主産地の天候不順による減産に加え、世界的な需要拡大により急激に上昇し、これらの原料価格は今後もさらに高騰していくとみられる。

こうした環境の中、全社を挙げて生産合理化と経費節減に努めてきたが、企業努力だけではコスト上昇分を吸収することが困難であり、安定した商品供給のためには価格改定を実施せざるを得ないと判断したもの。ジャム価格の改定は13年以来9年ぶり。なお、ジャム類の一部商品については価格を据え置く。

主な商品例と参考小売価格(税抜)は次の通り。

▽アヲハタ55イチゴ150g=232円→242円▽アヲハタまるごと果実いちご255g=398円→421円▽ランプいちごジャム380g=270円→283円▽ヴェルデチョコホイップ100g=208円→219円▽ヴェルデガーリックトーストスプレッド100g=300円→319円。