DEEN池森秀一と共同開発「お蕎麦に合う日本ワイン」 日本アクセス

日本アクセスは、DEENの池森秀一さんと「お蕎麦に合う日本ワイン」を共同開発。「IKEMORI SHUICHI×フジクレール 香りのマスカット・ベリーA」「同 爽やか甲州」の2品を11月から数量限定で予約販売を開始した。

そば好きで知られる池森さんはワインにも精通し、和食とワインの組み合わせを積極的に薦めている。シュール・リー製法で作られた甲州と樽熟成させたマスカット・ベリーAは、好評の「池森そば」との相性抜群。池森さん公式YouTubeチャンネルでは、それぞれのワインにマッチする池森さん考案の簡単で、おいしい蕎麦のアレンジメニューを紹介している。

共同開発した日本ワインは、「IKEMORI SHUICHI×フジクレール香りのマスカット・ベリーA」(販売価格3千円)、「同 爽やか甲州」(同2千500円)。各750㎖。

「香りのマスカット・ベリーA」は、山梨県産のマスカット・べリー100%使用。熟したイチゴの香り、上品な花の香り、優しい樽香が相まった芳醇な香りと、上品なうまみが特長。ダシとの相性が良く、和食全般によく合う。

「爽やか甲州」は、山梨県産甲州100%使用。グレープフルーツ、はっさく、パインの甘くさわやかな香りと豊かな果実味がジューシーな味わい。全体の調和が良く、軽快さと心地よい印象で、酸味が強すぎず繊細で味の邪魔をしないため、お蕎麦にもぴったり。

フランスでは、そば粉を使った郷土料理の「ガレット」、イタリアでもそば粉を使ったパスタ「ピッツォケリ」に代表されるように、蕎麦とワインの相性の良さは広く知られている。また、めんつゆに含まれる昆布の旨み成分・グルタミン酸、かつお節の旨み成分・イノシン酸は、ワインの味わいを引き立て、「蕎麦とワインの組み合わせで新しい喫食の幅が広がる」ことを訴求している。

なお、池森さん共同開発のワイン2品は、日本アクセスが運営する総合食材ECストア「SmileSpoon」でも販売している。