長さ1m!世界最大のかりんとう ギネス世界記録に認定 東京カリント

創立70周年を迎えた東京カリントは10日、「東京カリント70周年世界最大のかりんとうお披露目発表会」を開催した。

10月15日に大きな「蜂蜜かりんとう黒蜂」の製作に挑戦し、11月10日(かりんとうの日)に「Largest karinto(最大のかりんとう)」(重さ6千380g、長さ1千52㎜)のギネス世界記録公式認定員による認定および公式認定証の授与が行われた。また、ギネス世界記録に認定されたものと同じ製法、近いサイズで制作したレプリカ版の最大のかりんとうもお披露目された。

取締役生産本部長であり今回のプロジェクト製作プロデューサーである西村圭史氏は、1m超えの巨大かりんとうについて「火の通りや折れないようにすることに苦労したが、約1年かけ職員みんなで一丸となって取り組んだ結果」と語った。

また、代表取締役社長の西村光示氏は「70年間会社を支えてくれた社員をはじめとする関係者全員への感謝と、今後のさらなる伝統菓子の継承と成長を目指す。今回の受賞に関しては、この挑戦を全社員で成し遂げられたことが大変うれしい」と喜びを語った。

新たな挑戦を力説する熊本徹也氏(東京カリント)
新たな挑戦を力説する熊本徹也氏(東京カリント)

さらに、「70周年記念プロジェクト」の責任者である熊本徹也取締役営業開発本部長は「最大のかりんとう」に挑戦と並ぶもう一つの企画で、主に東京カリント公式Twitterから発信する「かりんとう、70の『実は!』」について説明した。かりんとうの雑学や豆知識と、「実は!こんな挑戦しました」や「実は!こんな新商品発売」など、新しい東京カリントの挑戦を発信。「かりんとうはシンプルだが実はとても奥深い。歴史はあるが実はよく知られていないかりんとうについて、少しでも知ってもらえるきっかけになればいい」と語った。