原料トマトの夾雑物除去にAI活用 カゴメ

カゴメは、AIを活用した夾雑物除去システムを茨城工場に導入し、11月から本格稼働を開始した。

茨城工場のトマトソースやサルサなどの製造において、原料のダイストマト(トマトの皮を剥いてダイス状にカットしたもの)の夾雑物を取り除く作業がある。現在、この作業は作業者が行っているが、作業者の負担が大きいことや将来的な人手不足が見込まれることから、自動化が長年の課題だった。

そこで同社では、AI画像判定サービスを強みとするYE DIGITAL社とロボット技術を活用したシステム構築の実績を持つ末松九機と開発を進めてきた。そして、このほどダイストマト専用システムを導入することになった。

特徴は、ベルトコンベアを流れるダイストマトを連続撮影した画像からAIが夾雑物を判別し、それをロボットで吸引除去するもの。

ダイストマトを個々のピースに振り分け、AI・ロボット・コンベアを連携させ、高速かつ正確に夾雑物を除去する。製造工程では、まずロボットが夾雑物を除去したあと、作業者検査、同設備と作業者の協働作業により、高い品質を維持しながら作業負荷の軽減が図れる。