誰でも使いやすく 宝酒造「らくらく調節ボトル」にグッドデザイン賞

宝酒造が本みりんと料理清酒で採用している「らくらく調節ボトル」が、日本デザイン振興会主催の2021年度の「グッドデザイン賞」を受賞した。受賞理由は「握力の弱いシニアユーザーの使い勝手を考慮した2段式キャップが秀逸」などで、同社の同賞受賞は、「松竹梅『白壁蔵』〈生酛純米〉640㎖」「極上宝焼酎25°700㎖」などに続き5度目。

「らくらく調節ボトル」シリーズは、広口と細口の両方を備えた2段式キャップと握りやすいボトルが特徴で、使用シーンに合わせて注ぐ量を調節できるほか、片手でも手にフィットして持ちやすく注ぎやすい形状になっている。このため、シニア層も含めた幅広いユーザーが、使い過ぎやストレスなく料理を楽しむことができる。

同社は「今回の受賞を機に、タカラ酒類調味料『らくらく調節ボトル』の認知度がさらに高まり、より多くのファンの獲得につながることを期待している」としている。