イエナカ需要、イエソト業態の新たな柱に

新型コロナウイルス感染者が減って人出が増えたことで、外食などイエソト市場が活気を取り戻しつつある。このコロナ禍で、逆境に負けまいと生き残りをかけ多くのイエソト業態が挑んだのが、イエナカ需要へのアプローチ。外食ではデリバリーを強化し、厨房機能だけを持ちテイクアウトに特化したゴーストキッチンなる業態も出現した。

▼コンビニ業界もその一つ。都心のオフィス街にある店舗では難しいと思われるが、地域に根差した店舗では惣菜やフライ、スイーツなどを強化してイエナカ需要の掘り起こしを図っている。

▼このままコロナが収束するのかは予断を許さないが、収束すればイエナカに挑んだイエソト業態は従来からのイエソトの柱に加えて新たな柱としてイエナカが加わる可能性がある。

▼イエナカニーズは食に限らない。増えそうなのは医療分野やIT分野。医療では時間外の調剤の受け取りを可能とする小売店が出現。ITではスマホやPCが急に動かなくなり電話で問い合わせても、たらい回し。そんなときに駆け込みたいニーズも相当数ありそうだ。