「産後の自分時間を」 赤ちゃん預けコーヒーも飲める通所型施設 交流・相談の場に ネスレ日本が協力

生後1歳未満の赤ちゃんを助産師に預けて休息をとったり、助産師への育児や身体に関する相談や子育て家族らとの交流促進を目的とした通所型産後ケア施設が沖縄県浦添市に新設された。現役助産師の島袋綾香氏が発案し、島袋氏の知人(ネスレ日本社員)を通じてこのアイデアに賛同したネスレ日本が施設づくりに協力。コミュニケーションを促進するものとしてコーヒーも提供する。

施設名は「zeroplace supported by NESCAFÉ」。9月2日のプレオープンを経て10月14日に本格営業を開始した。

同施設の特徴について、10月13日発表・内覧会に臨んだ島袋氏は、家族の気分転換にもつながる通所型であることに加えて、助産師常駐で産後ケアに特化した点を挙げる。「産後ケア事業の主な受託施設は病院・クリニック・助産院だが、本業のかたわらで産後ケアを行っているのが現状。ここでは助産師が常駐し、産後ケアをメーンのサービスにしているところが大きな違い」と説明する。

ドリンクコーナーに設置されるコーヒーマシン(ネスカフェ)
ドリンクコーナーに設置されるコーヒーマシン(ネスカフェ)

病棟・外来勤務で約3千組の母子に関わってきた経験から、病院での産後ケアには限界があることも指摘。「病院ではコロナ禍で受け入れを制限しないと」が今年4月1日に施行されたことで市町村の努力義務に定められ、宿泊型・訪問型・通所型の3パターンで実施されている。

出産と沖縄の現状について島袋氏は「近年の核家族化やライフスタイルの変化で近くに頼れるご家族がおられない方が多い。沖縄県は合計特殊出生率が全国1位であるにもかかわらず離婚率が高く、さらに離島県のため移住者はご家族からの継続的な支援が受けづらい」と訴える。

ベビールーム、授乳・おむつ交換室、相談エリア、仮眠室などを完備(zeroplace supported by NESCAFÉ)
ベビールーム、授乳・おむつ交換室、相談エリア、仮眠室などを完備(zeroplace supported by NESCAFÉ)