「スーパードライ」にエコパック 紙使用量を大幅削減 テスト販売開始 アサヒビール

アサヒビールは、6缶パックの紙の使用量を大幅に減らした「スーパードライ エコパック」を19日から一部でテスト販売を開始した。23年からの本格展開を目指す。

この「エコパック」は、缶の上部のみを紙資材で固定するもの。缶容器の6缶パックとしては日本初。従来の6缶パックと比べて紙の面積は350㎖缶で77%、500㎖缶で81%削減できる。紙の重量は350㎖缶で65%、500㎖缶で73%削減する。仮に同社製造の6缶パックをすべて「エコパック」に切り替えた場合、年間で紙の使用量は約8千800t、製造に伴うCO2排出量は7千400t削減できる見込みだ。

ドラッグストア「ウエルシア」「ハックドラッグ」、スーパー「ライフ(首都圏)」の一部店舗でテスト販売した上で、検証結果を踏まえて23年から流通での本格展開や、「スーパードライ」以外での採用などを目指す。本格展開に向けて、茨城工場などで量産化に必要なパッケージング設備を約9億円かけて導入する。

同社では、1995年に6缶パックを採用後、06年に台紙の厚さを削減。16年には缶の固定方法を変更し、紙面積を縮小するなどの取り組みを行ってきた。また国産最軽量の缶フタやアルミ缶を採用するなどし、さらに海外のグループ会社ではオランダのGrolsch社が缶のまとめパックでプラスチック不使用の包装資材を導入するなどしている。