コカ・コーラアプリ「Coke ON」3000万ダウンロード突破 対応自販機拡大とキャッシュレス決済拡充が後押し

日本コカ・コーラは9月15日、コカ・コーラ公式スマートフォンアプリ「Coke ON」のダウンロード数が9月2日時点で3千万ダウンロードを突破したと発表した。

「Coke ON」に対応した自販機が全国39万台を超える規模に拡大したこととキャッシュレス決済機能の拡充がダウンロードを後押ししたとみられる。

「Coke ON」は16年4月のサービス開始以来、スタンプを15個ためて1本分のドリンクチケットを獲得できる基本サービスをベースに以下の通り新たな機能やサービスを段階的に追加してきた。

▽歩くだけでドリンクがもらえる「Coke ON ウォーク」(18年)
▽キャッシュレス決済機能の「Coke ON Pay」(19年)
▽自販機サブスクリプションサービス「Coke ON Pass」(21年4月)

このうち「Coke ON Pay」は現在12の決済サービスに対応し、「Coke ON」を利用した購入の半数以上がキャッシュレス決済によるものだという。

現在、3千万ダウンロードを記念したキャンペーンを三つ用意し順次展開している。