藤井三冠の勝負めし

史上最年少の19歳1か月で王位、棋聖、叡王を手にした藤井聡太三冠。10月開幕の竜王戦で4つ目のタイトル獲得にも期待がかかる。その将棋の対戦で、最近では専ら「勝負めし」が話題になっている。

▼9月13日に行われた叡王戦では、藤井三冠がおやつに不二家のカップケーキ「コロコロしばちゃん」を注文した。翌日には柴犬の顔をデザインしたかわいらしいケーキが全国で売り切れたそうだ。

▼ネット配信など対局を見る機会が増え、将棋ファンが増えていることも要因だが、動きの少ない対戦中に、情報の一つとして、注文した食事、おやつを紹介したことが注目を集めた。また、2017年には漫画家・松本渚氏の「将棋めし」という漫画が発刊され、テレビドラマ化もされた。

▼2020年7月の王位戦では、愛知県岡崎市の「八丁みそまんじゅう」を注文。その後メーカーでは売上が急増、1年経った今でも影響は続いているという。藤井三冠の将棋の快進撃が続いていくとともに、一つでも多くの商品にスポットが当てられることも期待したい。