マルエツ 新幹線直送便を拡大へ 早朝とれたて北海道産直品を都内で当日販売

マルエツは、JR東日本グループと国分グループとともに実施している「新幹線を活用した荷物輸送サービス」(新幹線直送便)の拡大を検討していく。

JR東日本グループでは、列車の速達性や定時性といった強みを生かし列車を活用した荷物輸送サービスを拡大している。

マルエツはこの強みに共感したとし、第1弾として上越新幹線による臨時輸送トライアルに参画。輸送日当日に収穫・製造した新潟県の特産品をその日のうちにマルエツで販売し好評を博したという。

9月10日には第2弾として、北海道新幹線を活用し、当日早朝に収穫・漁獲した北海道の産地直送品を販売。

POPでもアピール(新幹線直送便/北海道産地直送品)
POPでもアピール(新幹線直送便/北海道産地直送品)

新函館北斗駅9時35分発・東京駅14時04分着の北海道産スルメイカと北海道産とうもろこしの2品が15時頃、江戸川橋店と一之江駅前店に並べられた。

商品配送のスケージュール管理や物量調整、終着駅から店舗への納品までをJR東日本グループと国分グループがコーディネートすることでスムーズな納品体制を実現した。

マルエツは「今後も輸送品目や他路線への拡大、定期的な店頭販売の実施に向け検討していく」とコメントしている。