スパイスでクレヨン開発 製品化不適の原料を有効活用へ 塗り絵本とともにECで販売 ハウス食品G本社

ハウス食品グループ本社は、製品に適さないスパイス原料を有効活用したクレヨン「彩るスパイス時間CRAYONS」とオリジナルの塗り絵本「彩るスパイス時間PICTURE BOOK」の一般販売を開始した。mizuiro(本社・青森県青森市)が運営するECサイトで販売。ECサイトや書店などを中心に販路拡大を検討していく。

スパイス製品を作る過程で出る製品にできない原料に着目。この資源を有効活用したいとの思いからアイデアを考える中で、スパイスの色の特徴を生かせるクレヨンを作る案が出てきたという。クレヨン作りのノウハウはなかったが、規格外野菜を利用したクレヨンの企画、開発、販売を手掛けていたmizuiroとの共創で、スパイスの特徴を生かしたクレヨンを誕生させた。

「彩るスパイス時間CRAYONS」(税別参考小売価格2千200円)には、お米由来のワックスにスパイスを配合。10種類のスパイスそれぞれの個性を楽しめる。各色には、クローブ、シナモン、ターメリック、タイム、バジル、パセリ、パプリカ、ホワイトペパー、レッドペパー、ローリエを使う。

「彩るスパイス時間PICTURE BOOK」(同800円)は、スパイスにゆかりのある国をモチーフとした10種類の絵柄とスパイスのストーリーが描かれた全24ページの塗り絵本。塗り絵を塗り進めながら特徴的な一つ一つのスパイスの物語に浸れる。完成した塗り絵をミシン目で切り取り、自由に飾ることも可能。紙はFSC認証紙を使用する。