日清食品HD新オフィスにデザイン賞 ニューノーマルな働き方を具現化

日清食品ホールディングスは6日、同社東京本社(東京都新宿区)の新オフィス「NISSIN GARAGE」が「第34回日経ニューオフィス賞(ニューオフィス推進賞)」と「レッドドット・デザイン賞2021(Brands&Communication Design部門)」を受賞したことを明らかにした。

「NISSIN GARAGE」は、「ニューノーマルな働き方の追求」をコンセプトに、「生産性200%の達成」×「原点回帰によるハングリー精神の再燃」の二つを軸として、日清食品創業者である安藤百福氏が「チキンラーメン」を開発した研究小屋(GARAGE)をイメージして創り上げた。

さまざまな部門の社員が同一空間で接点を持ち合う「カジュアルコリジョン」を誘発し、クリエイティブな発想の創出を引き起こす空間設計により、「生産性200%」を実現する働き方をサポートする。

個人の机や椅子はすべて可動式のものを採用することで、社員それぞれが自然にソーシャルディスタンスを確保できるようにした。

「日経ニューオフィス賞」は、快適で機能的なオフィスづくりの普及・促進を図ることを目的に、日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会が主催し、創意と工夫をこらしたオフィスを表彰するもの。

一方、「レッドドット・デザイン賞」は、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する世界三大デザイン賞の一つで、世界中の優れたデザイン・トレンドを網羅する国際的に権威のあるデザイン賞。