〈寄稿〉アフターコロナへ「食の価値」原点回帰を 三枝国際特許事務所 中小企業診断士 柚木正人氏

Zoomによる遠隔コミュニケーションが活発化して1年ほどが経過した。密を避ける生活が定着しつつある中で、生活様式も変容し、外食はテイクアウトや宅配サービスが多くを占めるようになった。おいしいものを提供することが『食の価値』であれば、現在の形で充分であり、外食は人数制限された高付加価値ビジネスとして存続することになるだろう。それは、音楽などのイベントでも同様だ。ほとんどの場合、『その場所に行く』必要はなく、要件を充たしてしまうことになる。

しかし、実際にはどうか。Zoomも宅配もテイクアウトも、コロナ以前から存在していたにもかかわらず『それだけで充分』とはならなかった。これらはすべて、マーケティング手段の一つに過ぎず、そのすべてではない。現在の状況は、狙った結果ではなく、強いられた結果であることを知る必要がある。今後、ビジネスのあり方が『Zoom以前に戻ることはない』というのは、よく耳にするフレーズだが、これまでも当たり前だったことを、その一部分のみフォーカスしたに過ぎない。場当たり的な言葉で今後の方針を確定してしまうことは早計といえる。右に倣えは、他に出し抜かれる危険性がある。

強いられた結果を継続することは『流されている状態』ということを知っておくことが、これからの戦略において有効だ。今後、ウィズコロナやアフターコロナを考える場合に、『戻らない』と言われているモノゴトに着眼する必要性は高い。この表現には、『戻りたい』が隠れている場合がある。マーケティングにおいて重要なポイントは『不』を探す行為だ。不自由・不可能・不満など、これらを解消する手段が成果になることは多い。今回のような状態は、生活様式を変えさせられたという大きな『不』が働いている。この場合、過去を回帰し原点を見直す行為も必要となる。例えば外食の原点はどうか。当然のことだが、外食を含め、食の価値は、ただおいしいものを食べるということだけではない。外食は、その場所の雰囲気を楽しむこと、地域の人が集まるプラットフォームとしての魅力など、その場に行くことによってトータルで価値を持つものである。こうした価値を、これまではインスタなどSNSを利用してマーケティング活動を行ってきた。

あらゆる『不』が重なることで、われわれは、『当たり前だったこと』を強く求めているのではないだろうか。これらは今後、より求められる価値となるだろう。これからの戦略は、『原点回帰』を重点的に考えることも一つの活路になる。ウィズコロナなら、自粛の中で数少ない外食機会に行きたくなる店、アフターコロナなら、真っ先に行きたい店となることを考えたい。

状況は変化していく。時間の経過とともに少しずつ先が見えるようになった時に備え、今を生きるために行う施策とは別に、未来に進むための戦略を始めておきたい。虎視眈々と狙っている事業者は必ず存在する。時流が変化した時には、乗り遅れないようにしておきたい。