ヤフー「#おくる防災」サイトでフリーズドライご飯販売 家庭内備蓄を促進へ 永谷園

永谷園(五十嵐仁社長)はヤフーが運営するインターネット通販モール「エールマーケット」内の特設サイト「#おくる防災」内で同社の災害備蓄食「フリーズドライご飯」の販売を開始した。

今回の「#おくる防災」企画は、家庭内における備蓄率の向上から自分の大切な人たちに防災の備えをしてもらえるように、大切な人に防災用品をおくることを多くの方に体験してもらうことを目的としている。

同社では、「家庭内備蓄の向上」の重要性はもとより、「防災用品を送ることにより災害時に大切な人を守る」という、今回の「#おくる防災」の企画趣旨に賛同し参画した。

▽「エールマーケット」=ヤフー株式会社が運営し、持続可能な社会実現のために「買う」という消費によって世の中を良くしていくインターネット通販モール。2011年12月に、東日本大震災によって販路が失われてしまった商品のインターネット通販を活用し、発信・販売していくことを目的に「復興デパートメント」をオープンした。2016年7月に、東北の本当に欲しいものを買える「東北エールマーケット」としてリニューアル。2018年10月から取り扱いを全国の商品に拡大し、現在の形となった。

▽「#おくる防災」特設サイト=開設期間2021年8月26日~9月12日。※ページは9月12日以降も残る。