全日食・齋藤充弘氏 お別れの会に多数参列

6月9日に74歳で死去した全日本食品元代表取締役社長の齋藤充弘氏をしのぶ「お別れの会」が23日、帝国ホテル東京で行われ、生前の関係者が多数参列した。

齋藤氏は1946年生まれ。慶大経済学部卒業後、ダイエー勤務を経て全日本食品入社。専務取締役、副社長などを歴任し01年に社長就任。13年から会長を務め、19年の退任後は相談役。日本ボランタリーチェーン協会会長、日本スーパーマーケット協会副会長、国民生活産業・消費者団体連合会副会長などの要職も務め、一貫して日本のボランタリーチェーン業界の改革・発展に尽力した。