「ネスカフェ」のダルゴナコーヒー好調 「大人のご褒美」バラエティー強化に手応え ネスレ日本

ネスレ日本のスティックミックス「ネスカフェ ゴールドブレンド 大人のご褒美 ダルゴナコーヒー」がアイス需要を獲得し、好調に推移している。

同商品は、韓国発祥のアレンジコーヒーメニュー・ダルゴナコーヒーをスティックミックスで商品化したもので、3月1日から発売している。

ダルゴナコーヒーは、SNSなどで簡便なつくり方も紹介されているが、ハンドミキサーや泡立て器などを使用するなどして数百回混ぜてつくられるのが一般的とされている。

このように手間と時間がかかるとされるダルゴナコーヒーを同商品では1分程度で簡単につくることができるのが特徴で、このことが好調要因の一つとなっている。

出牛誠部長(ネスレ日本)
出牛誠部長(ネスレ日本)

取材に応じた出牛誠飲料事業本部ソリュブルシステム&ホワイトカップビジネス部部長は「強い手応えを感じている。SNS上でも大きく取り上げられたお客さまの評価ポイントは大きく三つあり、一つは『こんなに簡単にダルゴナコーヒーができるのか』といった驚きのお声に見られる簡便性にある」と語る。

続いて、味わい・おいしさと泡立ちを評価ポイントに挙げ「特に5月以降、どんどん暖かくなるにつれて、アイスでもスティックミックス需要が高まる中、拡大を続けている」という。

同商品の冠となる「ネスカフェ ゴールドブレンド 大人のご褒美」シリーズのメーンターゲットは、仕事に忙しい30~40代女性で、スティックミックスの中でもプレミアムな商品を好む層。この層に向けて今度も引き続き、プレミアムとともに「ダルゴナコーヒー」のようなバラエティーを強化していく。

「一杯ずついろいろな種類を試したいというバラエティーニーズを満たしていくことも、プレミアムレンジの中では重要だと考えている。発信という意味では、『ダルゴナコーヒー』もアイス飲用という一つの大きな特徴をとらえることができたと感じている」と述べる。

「ネスカフェ ゴールドブレンド 大人のご褒美」シリーズから「ヘーゼルナッツプラリネラテ」と「アールグレイミルクティー」(ネスレ日本)
「ネスカフェ ゴールドブレンド 大人のご褒美」シリーズから「ヘーゼルナッツプラリネラテ」と「アールグレイミルクティー」(ネスレ日本)

秋冬に向けては、「大人のご褒美」シリーズから「ヘーゼルナッツプラリネラテ」と「アールグレイミルクティー」を9月1日に新発売する。

「ヘーゼルナッツプラリネラテ」は、秋冬の定番とされるヘーゼルナッツに加熱した砂糖で衣かけした(カラメリゼ)ナッツ系メニューで、「アールグレイミルクティー」は、ベルガモットの華やかな香りと紅茶のコクがミルクに溶け込んだ甘く濃厚な味わいが特徴となっている。

「発売と同時にPRやデジタル上での各種施策を展開して認知拡大とともにお試しいただくことで拡大を図っていきたい」と意欲をのぞかせる。

拡大基調にあるスティックミックス市場も追い風ととらえる。

1-6月の家庭用コーヒー市場は、外出自粛による家庭内需要増加で大幅に拡大した20年の反動で前年を下回る中、スティックミックスは拡大を続けている。

ネスレ日本の調べによると、スティックミックス市場は1-6月金額ベースで20年比4%増、19年比14%増に拡大したと推定している。この中で、ネスレ日本のスティックミックスは市場を大きく上回ったという。

その要因については「どれか一つが伸びているのではなく、各アイテムがそれぞれ大きく成長している。スティックコーヒーに関しては、家庭内の時間が増えていく中でコーヒーを飲用するエントリーポイントになっているのが非常に大きい。初めてコーヒーを飲むきっかけとしての役割は重要であると考えている」との見方を示す。