バター マーガリンなど値上げ 原価高騰受け雪印メグミルク

雪印メグミルクは10月1日出荷分から、家庭用商品(バター群、油脂群、クリーム)の一部について価格改定を実施する。価格改定の対象となるのは、バター群1品(改定率3.4%)、油脂群10品(改定率3.8~12.2%)、クリーム3品(改定率1.9~5.9%)。

バター群では「ソフト&バター」(120g)が300円(現行290円)、油脂群では「ネオソフト」(160g)が190円(175円)、「同」(300g)が320円(290円)、「ケーキ用マーガリン」(200g)が275円(245円)、クリーム類「ホイップ植物性脂肪40%」(200g)が200円(190円)など。

マーガリンや植物性脂肪ホイップなどの主原料となる油脂は、原材料である大豆や菜種、パーム油などの主産地における天候不順や労働力不足などによる減産懸念、中国をはじめとした世界的な需要の拡大などを受け国際価格が大幅に高騰しており、企業努力で対応できる範囲を超えたことから価格改定の判断に至った。