「うまかっちゃん 濃厚新味」人気の細カタ麺に磨き 発売延期から1年、やっと登場 ハウス食品

濃厚スープをこだわりの特製「細カタ麺」で味わう――。ハウス食品は9日、九州・沖縄と近畿以西で、即席袋麺「うまかっちゃん 濃厚新味」をリニューアル発売した。

同商品は2018年の発売以来、「細カタ麺」「濃厚スープ」が斬新な“うまかっちゃんの新味”として市場に受け入れられ、定番「うまかっちゃん」「同 博多からし高菜風味」に次ぐシリーズ第3位の売上げを示す人気商品に成長したが、今回、さらなる顧客満足向上を目指し、多くのユーザーに支持されている「細カタ麺」をさらに磨き上げた。

当初の発売予定をなんと1年も延期し、小麦粉の配合から見直し試作を繰り返すなかで原料を強力粉に変更。

これにより、フライ麺では難しかった小麦由来のコシのある食感を実現させた特製の「細カタ麺」は、フライ麺特有のおいしさを保ちながら、細くてもしっかりコシのある麺を実現した。

9月から九州エリアでは、定番「うまかっちゃん」と「うまかっちゃん 濃厚新味」のTVCM放送も予定。「うまかっちゃん」の誕生月であり、即席袋麺がシーズンインする9月を盛り上げる。

同商品のリニューアルに合わせて、「うまかっちゃん あごだしとんこつ」も九州・沖縄、山口エリアで期間限定で新発売。

「うまかっちゃん」に「もっと愛着をもってもらいたい」「より幅広い消費者の嗜好に応えていきたい」との思いから、九州の食文化になじみのある食材、長崎県産の焼きあごを使用した「あごだし」の組み合わせにこだわった。

開発に当たっては、あっさりした「あごだし」とコクのある「とんこつスープ」の配合について試作を繰り返し、あごだしの上質な旨みを引き出しながらも「うまかっちゃん」ならではのクリーミーなコクが感じられる絶妙なバランスにたどり着いた。