「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」再発売 TVCMやSNSキャンペーンなど展開 コカ・コーラシステム

コカ・コーラシステムは15日、需要急増で一時出荷停止していた「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」(440㎖PET)を26日から再発売すると発表した。

再発売にともない、ブランドアンバサダーの吉岡里帆さん出演のTVCMやSNSキャンペーンなどを展開し、夏の飲料最需要期に向けてマーケティング攻勢をかけていく。

3月22日に同商品を新発売したところ、同社の想定を超える売れ行きで品薄状態となり、同28日に一時出荷停止が発表された。

同商品は、ラテ飲料市場で抹茶という和素材を原料に使うことによって「従来からあるコーヒー・紅茶に次いで、ラテの第三極を確立していきたい」(日本コカ・コーラ)という意欲作。

上林春松本店が厳選した国産抹茶を1本当たり茶杓約2杯分相当の量を使用し、濃厚な味わいを打ち出した点が特徴となる。

また、使用している抹茶は、通常の「綾鷹」で使用しているものよりも大きい粒度の抹茶で、口当たりや味わいを抹茶ラテに最適化。そこに国産牛乳やミルクブースト技術を駆使して上品な口当たりのミルクテイストを実現した。監修は、日本茶と抹茶の観点で上林春松本店が、カフェユーザーの視点で猿田彦珈琲がそれぞれ担当している。

同商品が発表されたのが3月8日。この時からすでに「『綾鷹』という急須でいれたような本格的な緑茶の味わいを目指す緑茶ブランドから今までとは全く違った切り口の新規性の高い製品が投入されるということで消費者の注目が一気に高まった」と振り返る。

この注目の高まりに拍車をかけるように、3月22日の発売開始からTVCMや猿田彦珈琲の旗艦店でイベントを開催してアピールしたところSNSで話題が拡散。これに、徹底的な販促を含めた店頭活動が連動して販売好調とさらなる話題性の獲得につながった。

味わいも好評を博した。「20~30代を中心に幅広い方々から「抹茶の味がしっかりしている」「さっぱりしていて飲みやすい」「とにかくおいしい」など味わいに対し高い評価をいただき、仕事の合間や、ちょっとした休息時間にお飲みいただいていた」とコメントしている。