ピエトロが関西初のスープ店 物販コーナーも設置

ピエトロは15日、大阪駅北口の大型複合施設グランフロント大阪うめきた広場地下1階において、関西エリア初となるスープ専門店「PIETRO A DAY SOUP SHOP & CAFÉグランフロント大阪店」をオープンした。

関西初出店を記念して大阪限定スープなどを提供する。また、アンテナショップではスープをはじめ、ドレッシングやパスタソースなどの主力商品や関西初の商品を含めた新商品を数多く取り揃えた。

ピエトロは第3のカテゴリーとしてスープ事業に参入し、一昨年4月に「PIETRO A DAY」ブランドを立ち上げた。「こころ、すくう、スープ。」という商品コンセプトを打ち立て、簡便性の高いレトルトスープの販売をスタート。通信販売でも「PIETRO A DAY」ブランドの商品販売を行っている。

同社では引き続き、スープ市場への積極的な市場展開を進める意向だ。なお、新店の詳細は次の通り。

【PIETRO A DAY SOUP SHOP & CAFÉグランフロント大阪店】
▽所在地:大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪うめきた広場地下1階
▽営業内容:スープを中心とした商品の販売、テイクアウト販売、店内飲食
▽営業時間:10~22時(ラストオーダーは21時半)