夏は「金麦」とカレーのコラボ サントリー×ハウス、キャンペーン

サントリービールとハウス食品は今夏もコラボレーションし、第3のビール(新ジャンル)「金麦」と、ハウスのカレーのキャンペーンを実施、夏の家庭内需要を盛り上げる。

コロナ禍の巣ごもり需要で消費者は、「ちゃんと家で食事をする」ことへの意識が高まっている(20年5~7月、サントリー調査)。内食率が高まり、旬の食材を取り入れるといった家庭での食事を豊かにしたい気持ちが高まっている結果だ。

「金麦」はこれまでも家庭の食卓に焦点を当てた取り組みを行っており、また、季節ごとに「味をととのえる」といった「四季の金麦」を展開し、季節に合わせた食事の味も提案。今回は夏の味として、カレーで「食卓を豊かにすること」(眞田学サントリービールブランド戦略部課長)を目指す。昨年のコラボでは、「金麦」でアプローチできない層にも届き、手応えを感じたという。

カレーは6~8月下旬が販売のピークとなり、食卓の出現率も上がる。特に夏場はスパイシー感や辛さを求める傾向が強まり、さらに夏バテ予防などのためにも夏野菜を取り入れる人が約3割になる。ビール類との相性も良いとされており、カレーとの同時出現率は酒類の中ではビール類がトップだ。

今回のコラボでは「金麦」によく合う夏のカレーレシピを提案。例えば、贅沢麦芽の麦の旨味と澄んだ後味のバランスの「金麦」には、ベースのコクがしっかりとあるカレーを合わせ、ハウスの「ジャワカレー」「こくまろカレー」との相性を訴求。旨味や辛さがしっかりとあるが、「金麦」で口の中をリセットし、またカレーが食べたくなる連続性のあるカレーに仕上げている。

サントリーは8月16日まで「絶対もらえる! 夏のあいあいカレー皿」キャンペーンで訴求し、ハウスもTVCMやSNSでキャンペーン情報を告知。流通とも組み、共同での売場展開も図る。