47都道府県をカバーのスタバ 店舗スタッフ発案のフラペチーノ47種を発売

スターバックス コーヒージャパンは、店舗を持つ47都道府県各地のパートナー(従業員)から出てきたアイデアをもとに、各地のストーリーを盛り込んだフラペチーノを開発。全部で47通りあり、6月30日に「47JIMOTOフラペチーノ」として一斉発売した。

スターバックス日本上陸25周年施策の第2弾で、47通りの各メニューは、地元のパートナーが来店客へのこれまでの感謝と今後のつながりへの想いを込めて考案された。

「地域を象徴する山や川などの雄大な自然に見立てたものや、地域ならではの食文化にインスピレーションを受けたもの、また、地域の特産品に着目したものなど、見た目、味わい、商品名を地域ならではの視点で考え抜いた、こだわりのある個性豊かなラインアップが揃った」(スターバックス コーヒージャパン)という。

47都道府県の各エリアで1種類の「47JIMOTOフラペチーノ」をトールサイズで発売する。価格はテイクアウトが669円、店内利用が682円。期間は8月3日までで、なくなり次第終了する。

なお、再発売する場合は販売エリアを変更する可能性があるという。