サラダカフェがファミマのサラダ監修 国産ケールと7種野菜

ケンコーマヨネーズの100%子会社であるサラダカフェはこのほど、ファミリーマートから発売される「国産ケールと7種野菜のグリーンサラダ(シーザーサラダドレッシング)」(税込498円)を監修した。22日から全国(北海道、沖縄県を除く)約1万6千店舗で発売している。

同品の主役は、栄養価が高く野菜の王様と呼ばれているケール。ケールはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていることから注目を集めている。ケールのほか、彩り豊かな7種類の野菜(ヤングコーン・かぼちゃ・トマト・紫キャベツ・赤パプリカ・レタス・サニーレタス)を使用し、ローストチキンも乗せタンパク質を同時に摂ることができる。

サラダカフェは、関西・関東の百貨店やショッピングモールを中心にサラダショップを展開し、彩り豊かなサラダを通して生活者の健康的な食生活をサポートしている。今回の商品には、そうしたサラダカフェのアイデアを詰めこんだ。