食育月間で野菜摂取促進 平和堂 

平和堂は6月の京都市食育月間「そうだ、野菜とろう、キャンペーン」に参加し、立命館大学食マネジメント学部と産学連携プロジェクトを実施。

6月1~28日、同市伏見区のフレンドマートMOMOテラス店青果売場で「あなたの推しトマトを見つけよう」をテーマに野菜摂取を促進している。

産学連携プロジェクトでは、同学部のゼミとして、企業と連携し食料品売場におけるマーケティング、企画、運営など全体をプロデュースしており、今回は20~30代男性への提案として、トマトを重点食材に考案したトマトレシピを青果売場で紹介しており、トマトの栄養や機能性の特徴・調理方法などについてPOPで紹介し、好評を得ている。

同社は、地域の抱える課題について地域と一緒に取り組み、元気で健康な地域を創っていく「地域共創」の考え方が根幹にある。

同社と同学部は18年12月に、食に関する教育・研究活動の推進を目的に連携協力協定を締結している。