「ポカリスエット」が身体を長時間うるおす理由 室内でも増える熱中症や無自覚な脱水対策へ発信 大塚製薬

大塚製薬は今年、外出機会の減少により起こる熱中症リスクや自覚のない脱水に対し、「ポカリスエット」ブランドの活動を強化する。

「在宅で外出や運動する機会が減少し、発汗シーンは減っているが、室内で気づかないうちに脱水してしまうケースがあることが分かっている。このような日常課題に対し、科学的情報をもとに『ポカリスエット』の有用性を広めていくのが大きなテーマ」と大塚製薬ニュートラシューティカルズ事業製品部の原康太郎ポカリスエットプロダクトマーケティングマネージャーは語る。

まず基本的なこととして、熱中症対策は水の補給だけでは不十分であることを伝えていく。水だけを飲み続けると、体液の濃度を一定に保とうとする身体の働きによって、逆に水を尿として身体の外へ排出してしまう。その結果、身体の水分量が十分に回復できない自発的脱水が起こりうるためだ。

「ポカリスエット」が身体を長時間うるおす理由は、「ポカリスエット」がナトリウムやカリウムなどのイオン(電解質)が、体液に近いバランスで設計されていることにある。

原康太郎マネージャー(大塚製薬)
原康太郎マネージャー(大塚製薬)

同社研究所によるエビデンスの一つに、健康な成人男性12人が水とイオン飲料を飲んだ各グループに分け、2時間安静に座った後に計測したところ、飲んだ量のうち身体に水分が保持された割合は、水で約38%、イオン飲料で約57%という結果がある。

これらの情報を、大塚製薬が全国自治体と連携協定を締結している強みを生かし、地域の生活者へ伝達していく。小売業の現場では「スタッフの方の熱中症対策の知識啓発を図っている」という。

発汗の習慣をつけて暑さに慣れる暑熱順化も啓発。初音ミクとのコラボを継続し、暑さに慣れることを「ネツナレロ」と表現したツイッターキャンペーンなどを展開。加えて、「今夏も店頭活動やツイッターに活用し、ポカリスエットブランドの社会的責任としても熱中症ゼロを目指して活動していきたい」と語る。