寿司だけじゃない! かんぴょうレシピ大募集 グランプリに20万円

かんぴょうを使ったアイデアレシピを競うコンテストが今月から開催中だ。

ユウガオの実から作られるかんぴょうは、低カロリーでヘルシーな食材ながら、寿司以外ではあまり食べられることがない。主催の栃木県干瓢商業協同組合では、かんぴょうの特徴を生かした手軽においしく食べられるレシピを募集。柔軟な発想による今までに思いつかなかったような料理のアイデアを募り、消費活性化につなげる狙いだ。

応募条件は、栃木県産かんぴょうを使用し、1人分1千円以内で手軽に作れる料理。主食、副菜、デザートなどのジャンルやプロ・アマは問わない。オリジナルレシピであれば1人で何点でも応募可能。

#かんぴょうレシピコンテスト2021 栃木県干瓢商業協同組合

応募は8月31日まで。Webの専用フォームまたは郵送のほか、インスタグラムやフェイスブックでもハッシュタグ「#かんぴょうレシピコンテスト2021」を付けた投稿で応募できる。

新規性や見た目、作りやすさ、コストパフォーマンス、味などを基準に、書類審査を経て10月中旬に「道の駅しもつけ」(栃木県下野市)で最終審査を行う予定。

グランプリの賞金20万円のほか、「新しいで賞」「コスパ賞」などの各賞でも5人に3万円が贈られる。また入賞者4人にはかんぴょう詰合せセットを進呈する。詳細はQRコードから。