40年までにCO2排出実質ゼロへ 花王が目標

花王は脱炭素社会の実現に向けた新たな目標を策定した。2040年までに二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガスの排出を実質ゼロにするカーボンゼロと、50年までに排出される温暖化ガスよりも吸収する温暖化ガスが多い状態のカーボンネガティブを目指す。

その方策として「使用電力を30年までに100%再生可能電力化」を新たに設定し、従来から取り組んでいる自家消費用太陽光発電設備の導入と購入電力の再生エネルギー化を推進してCO2の排出量(絶対量)の削減率を引き上げる。

加えて、花王の製品・サービスを利用することによって、社会全体でCO2を削減する量を30年までに1千万tと新たに定めた。