マルちゃん焼そばを家でおいしく 食機会拡大へレシピ本配布 東洋水産

東洋水産は、チルド焼そば「マルちゃん焼そば 3人前」シリーズを対象とする「マルちゃん焼そば 週替わりとっておきレシピBook」(東洋水産監修 B5サイズ、全30ページを2万部作成。5月下旬から順次、全国の流通、消費者向けに配布する。

コロナ禍、巣ごもり消費により内食機会が増えているが、「『家で作って、家族で食べる』。こうした豊かな食生活が日本に戻ってきた。焼そばという素材を使い、いろいろなメニューにアレンジし、食べ飽きない、そういう食生活を提案していきたい」(斎藤和巳低温食品部部長)という考えで作成した。

レシピブックは、同社公式ホームページや「マルちゃん焼そば」のブランドサイトなどで紹介してきた120種類以上のレシピの中から厳選した子どもが喜ぶ見た目が可愛らしい作品から、大人のおつまみ、季節や催事に合わせた54レシピを1冊にまとめた。いまさらながら、実はあまり知られていない「マルちゃん焼そばをおいしく作れるポイント」も紹介している。

「マルちゃん焼そば 週替わりとっておきレシピBook」(東洋水産)
「マルちゃん焼そば 週替わりとっておきレシピBook」(東洋水産)

同社では「1年52週ということで、季節であるとか、時々のイベントや催事、旬などにうまく合致させた季節ごとのメニューに、番外編を加えた54レシピとした。レシピブックを通し、意外性、新発見、こうしたことをお客さまに提案していきたい」(同)としている。内食が定着する中、忙しい日や献立に迷った日などの強い味方となりそうだ。

現在、レシピやメニュー提案はデジタルがメーンだが、今回はあえて紙媒体。これについて同社では、50代以上がメーンユーザーというチルド麺の特性も踏まえ、ページをめくるだけ、保存性(情報が更新されない)といった紙媒体ならではの優位性を挙げ、デジタル施策との融合により、幅広い年代層に「マルちゃん焼そば」の魅力を発信する狙い。

レシピ提案により、焼そばの価値を再認識してもらい、食卓への登場機会を増やしてもらうことで「『焼そば』というメニューを、(国民食である)カレーライス並みのステージまで上げていきたい」(同)という目標の達成も目指す。

チルド焼そばのトップブランド「マルちゃん焼そば 3人前」は現在、定番の「ソース」に加え、「塩」「お好み」「中華風」「ナポリタン」「たらこバター味」「夏限定 BBQ味」(季節限定品)という7品(各税別290円)のラインアップで展開中。