サミットが過去最高益 既存店売上6.6%増

サミットの21年3月期連結業績は、営業収益6.8%増(3千264億9千400万円)、営業利益49.0%増(126億2千200万円)、経常利益50.8%増(138億9千300万円)、当期純利益83.4%増(95億7千万円)と過去最高収益で着地。

サミット単体の業績は、営業収益7.2%増(3千194億900万円)、営業利益51.4%増(130億5千800万円)、経常利益53.0%増(143億3千900万円)、当期純利益83.4%増(100億2千300万円)となり、単体でも過去最高収益を達成した。

18日の決算説明会で服部哲也社長は前期を振り返り「コロナ禍で変化する環境の中、今まで培ったものが力になっている。加速する変化の中でも店舗ごとに自発的に対応した。今後、工夫したことや新しい発見がさらに大きな武器になる」と述べた。

既存店売上高は6.6%増、客数4.3%減、客単価11.4%増で、客数のマイナスはコロナ禍に伴う消費者の購買動向の変化によるもの。既存店売上高は、JCA日本チェーンストア協会の発表が4.1%増と市場よりプラスで推移した。

項目別売上高は、生鮮食品計は12.2%増と食べ方提案や精肉のプロセスセンター活用で大きく伸長した。総菜およびベーカリー計は2.8%増。裸販売を中止したことで苦戦したものの、需要の変化に対応した品揃えなどで前年を上回った。加工食品9.3%増、菓子10.7%増、デイリー8.5%増と、巣ごもり需要の影響で大きく前年を上回った。

22年3月期は、営業収益3千200億円、営業利益860億円、経常利益900億円、当期純利益600億円を見込んでいる。なお、計画数値はサミット・コルモとの経営統合後の数値。

服部社長は今期について「中期経営計画(GG2022)実現のため、2年目の今期は「コミットメントtoクリエイト」を掲げ、高い目標を持ちチャレンジし創造することとし、「生きる糧を分かち合うお店に」をモットーに地域に密着し、消費者に寄り添ったお店を目指す」と語った。