キユーピー 食の新たな可能性探求へ 「食品ロス解決」「ドレッシング」多方面からアイデア募集

キユーピーは、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を利用し、社会課題の解決を図りながら「食」の新たな可能性を探ることを目的に、11日から2つのテーマでオープンイノベーションによるアイデア募集を開始する。

食品業界には現在、食品ロス低減やプラスチック削減など食にまつわる様々な社会課題がある。キユーピーグループは社会課題に向き合いながら、自社が保有していない技術や足りない分野を他社に補完してもらう形で、多様化する価値観やニーズに応える努力を続けてきた。今回はそこから一歩踏み出し、アイデア段階から様々な業界のパートナー企業と“新たな食の可能性”を探るため、共創プロジェクト「kewpie Open Innovation 2021」を始動する。この共創プロジェクトにより、アイデアの幅を広げながら社会実装を加速させ、社会課題の解決と新たな食生活・食文化の創造を目指していく。

募集テーマは「食品ロスを解決する食品未利用部の活用」「ドレッシングを通じた新たな食生活の創造」 の2つ。

「食品ロス」では、食品加工の工程で発生する野菜や卵の未利用部(キャベツの芯・外葉、ジャガイモの皮、卵殻など)をより効果的に有効活用することで、新価値創出と食品ロス低減に取り組む。例えば、キャベツの芯や外葉にはファイトケミカル(紫外線や外敵などから身を守るために植物が作り出す成分)の存在が分かっており、 資源を再利用するだけではなく、素材価値を最大限に生かしながら、食品ロスを低減できるような取り組みを目指す。

また「ドレッシング」では、食の在り方も多様化している現在、新たな可能性を追求することで家庭内での調理課題を解決し、新たな食の楽しみ方の普及を目指す。健康促進などの機能性素材の技術・アイデアは対象外。

募集期間は、5月11日から8月8日までの90日間。応募方法はエントリーペーで随時募集。

https://eiicon.net/about/kewpie-oi2021/