「お~いお茶」にラベルレス商品 100%リサイクルPETも採用、環境負荷軽減へ

伊藤園は17日から、「お~いお茶」の旗艦商品「お~いお茶 緑茶」のラベルレス商品「お~いお茶 緑茶 ラベルレス」(525㎖PET)のケース販売を開始した。

同商品は、100%リサイクルペットボトルを使用した上にラベルをなくした商品で、新たな化石由来資源の使用削減と二酸化炭素(CO2)排出削減につなげるとともに手軽や時短といったニーズに対応していく。

同日、キャップとボトルを軽量化した「お~いお茶 緑茶」「同 ほうじ茶」の280㎖PETも発売した。同2品は、280㎖PETでは初めて、東洋製罐と共同開発した殺菌剤の使用量を削減した充填方式を採用し、キャップを約27%、ボトルを約7%軽量化し、加えてラベルを胴部分に短縮化することでプラスチック使用量を1本当り約10.6%削減した。

これにより、年間で約130tのプラスチック使用量削減につなげる。

24本入りケースで販売(お~いお茶 緑茶 ラベルレス)
24本入りケースで販売(お~いお茶 緑茶 ラベルレス)
軽量化した280㎖PET(お~いお茶)
軽量化した280㎖PET(お~いお茶)