キリン ロボット活用の実証実験 ギフト箱詰め作業の効率倍増へ

キリンHDは、ギフト商品などの商品詰合せ・加工作業において、独自に開発したロボットを活用する実証実験を4月23日~5月18日までキリンビール東京東部物流センターで実施している。高齢化や労働力不足の解決を図る狙いだ。

人口減少・超高齢社会から生じる日本経済の鈍化といった「2030年問題」が徐々に表面化する一方で、ニーズの多様化に適応したギフト商品、アソート商品などの需要は伸長し、労働需給にギャップが発生。20年時点で物流業界での労働需給ギャップは30%。30年には40%、50年には50%と予想されている(国交省調査)。

今回の実験はギフト商品の加工作業の自動化を目指す研究開発の一環だ。キリンの商品詰合せ・加工作業の半数以上はギフト商品が占めており重労働を自動化することで約50%の作業効率化、身体への作業負荷軽減を見込んでいる。今回は20年12月期株主優待商品約3万セットの内箱形成作業をロボットシステムとロボットで容易に成型できる内箱で自動化する実験を行うとしている。