ナポリタン日本一に「ナポらー麺」 富山・氷見イワシ香る逸品 カゴメ

カゴメは、同社が定めた「ナポリタンの日」の4月29日、日本一の“食べたい!”ナポリタンを決める「カゴメ ナポリタンスタジアム2021」の決勝戦を行い、北陸エリア代表の「麺屋いく蔵」(富山県氷見市)のメニュー「氷見イワシ香る ナポらー麺」がグランプリを獲得し、全国209メニューの頂点に輝いた。

「ナポらー麺」は、地元・富山県や氷見市の食材を活用した地産地消による逸品。スープは氷見産片口いわしをベースとし、麺は氷見産ハトムギを練り込み、ケチャップと魚だしのスープを合わせ、まろやかで深い味わいに仕上げたラーメン屋ならではナポリタン。

当日は、書類・実食選考と一般によるWEB投票で選ばれた上位3メニューが対決し、調理実演と審査員の実食により最終決定。決勝戦は平成ノブシコブシの吉村崇さんの司会で進められ、3メニューを考案したシェフらが調理を実演し、料理愛好家の平野レミさんとナポリタン好きで知られる別所哲也さん、それに菊地亜美さん、安元洋貴さんが審査。この模様は「ABEMA」の特別番組「ナポリタンスタジアム 2021~日本一のナポリタン決定戦~」で生放送された。

優勝メニュー「氷見イワシ香る ナポらー麺」(麺屋いく蔵)
優勝メニュー「氷見イワシ香る ナポらー麺」(麺屋いく蔵)

実食は美味しさとオリジナリティ、ビジュアルの観点から審査された。審査員からは、「麺がアルデンテなので、歯触りがすごく良かった。ラーメンとナポリタンをガツンと合わさり、出汁も素晴らしかった。氷見産の片口いわし&ハトムギを使用したラーメン屋自慢のスープナポリタン」との声が上がった。

カゴメの山口聡社長は、日本一に輝いた店舗のスタッフへ「素晴らしいナポリタンをありがとうございました。おめでとうございます」と祝福の言葉をおくった。

グランプリを逃した関西エリア代表の「3度楽しめるとろける牛ホホのナポリタン」(とろける牛ホホ専門店cheek、大阪市福島区)と、九州沖縄エリア代表の「博多もつナポ」(チーズ&ワイン みんなのイタリアン大濠公園駅店、福岡市中央区)も、地方食材や店の特色を生かし、バラエティに富んだ逸品を披露した。