味の素「Bistro Do」 家族で話そう!コロナ下の食卓応援

洋風合わせ調味料「Bistro Do」(4種)を2月から発売している味の素社は、30代主婦を中心とした月刊誌「VERY」(光文社)とコラボレーションして、プロジェクト「今日は家族で話そうよ! With Bistro Do」を発足させた。その発表イベントが15日、東京都千代田区有楽町のBASE Q HALLで開かれた。

「Bistro Do」は、肉と野菜だけで華やかなメーンディッシュが簡単に作れる洋風合わせ調味料。プロジェクトの立ち上げに伴い、ゲストにモデルとして活躍している滝沢眞規子さん、笹川友里さんを迎え、「VERY」の今尾朝子編集長も加わり、トークセッションの中でママとして普段の家事や料理に関することなどを話し合い、味の素からは調味料事業部メニュー調味料グループの平間圭太郎氏が登壇した。

コロナの影響により家族で食卓を囲む機会が増えたため、家族のコミュニケーションの重要性を認識した昨年。「VERY」では、食卓に集う力をくれるBistro Doを通じて家族の豊かな時間を後押しするプロジェクトを発足。今後はオンラインイベントや自宅訪問、キャンペーン、SNS施策などを通じて情報発信する。

プロジェクトには滝沢さん、笹川さんのほか、近藤千尋さん、りゅうちぇるさん、神山まりあさんなど多彩なメンバーのほか、インフルエンサー5人も加わり、ラインイベント「家族シェア料理シェア、もっとみんなで話そうよ!」(5月)や、「おうちで話そう!おうち突撃訪問」(7月)、「水曜日のBistro Do」(5~12月)、「Bistro Doを家族で作ろう!ハレの日キャンペーン」(5月以降)を実施する。

イベントの中で滝沢さんは、「Bistro Doで毎日の食事のヒントを得ながら楽しく笑顔で料理を続けたい」、今尾さんは「ママや家族が笑顔になれるようプロジェクトを力強く発信する」とし、開発当時から「Bistro Do」を担当している味の素の平間氏は「今は外出しにくい時期だが、家庭内での笑顔や幸せな食卓にBistro Doで少しだけ貢献したい」などと語った。