アサヒビール 「生ジョッキ缶」再休売 人気高く供給追い付かず

アサヒビールは20日から全国の量販等で発売した「スーパードライ 生ジョッキ缶」を、再び一時休止する。今後の販売数量見込みに対して商品供給が追い付かないため、4月製造分を出荷次第、休売する。6月中旬以降に数量限定で再発売する予定。

「生ジョッキ缶」は、同社が掲げる新価値創造の目玉商品の一つとして発売。缶フタはフルオープンタイプでジョッキのように飲みやすく、缶胴内側には凹凸をつけたため、湧き出るような泡立ちが特長だ。

発売前から話題を呼び、6日からのコンビニ先行発売でも4月のコンビニ販売予定分を2日で販売したため品薄となり、出荷を一時停止していた。

アサヒビールは「お客様、得意先様に多大なご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げる」としている。