薩摩酒造の広告が受賞 作り手の思い伝える

薩摩酒造(本社・鹿児島県枕崎市、本坊愛一郎社長)は第46回鹿児島広告協会賞において、新聞B部門最優秀広告賞など4部門を受賞した。

この賞は地元広告の質の向上と広告界の発展向上に貢献した企業などに贈られる賞。今回は芋焼酎造りを子育てになぞらえて表現した「芋焼酎は、知恵と愛情でできている。」が、応募作品104点の中で最も印象に残った作品に贈られる「かごしまクリエイティブ賞」に輝いた。かごしまクリエイティブ賞と新聞B部門の最優秀広告賞を受賞した「芋焼酎は、知恵と愛情でできている。」は芋の植え付け・芋の収穫・芋選別・仕込み・貯蔵の各工程において、人と焼酎の関係を焼酎造りにかかわる人々の「愛情・知恵・誇り」などが重要な役割を担っていることを「子育て」になぞらえ4回のシリーズで表現。南薩摩の風土の中で大事に育てられたサツマイモを原料に、造り手たちの知恵と愛情でその味わいが醸し出されるさまを同社の使命としてストレートに伝えている。

同社広報部では「作物は生き物と同じで、原料のさつまいもも大変な手間と労力をかけて、丹精を込めて育てている。そういったさまをより多くの視聴者さまに知っていただきたいという思いを評価していただき大変光栄に思う。当社独自の技術力を磨きながら、焼酎文化のさらなる発信に努めてまいります」とコメントしている。

なお、今回薩摩酒造が獲得した受賞内容は次の通り。

▽かごしまクリエイティブ賞 新聞B部門 知恵と愛情で白波を見守るチーム「芋焼酎は、知恵と愛情でできている。」
▽最優秀広告賞 新聞B部門 「芋焼酎は、知恵と愛情でできている。」
▽優秀広告賞 印刷B部門(雑誌) MUGEN白波「無限に広がる、甘美の波」
▽優秀広告賞 屋外広告・交通広告部門 さくら白波 博多美人「一緒に飲まん?」篇。