「生ジョッキ缶」供給追い付かず一時停止 4月予定を2日間で販売 アサヒビール

アサヒビールは8日に、「スーパードライ 生ジョッキ缶」の出荷を一時停止したと発表した。6日から全国のコンビニで先行発売していたが、販売数量が予定を大きく上回ったためだ。

「生ジョッキ缶」は、今年の同社が掲げる「新価値創造」の目玉商品の一つとして発売されたもの。巣ごもりが続く中で、店で飲む生ビールが来た時の期待感や味わいを自宅でも楽しみたいというニーズに合わせたビールだ。缶フタはフルオープンタイプでジョッキのように飲みやすい。缶胴内側には凹凸をつけるため湧き出るような泡立ちが実現した。ガス圧も通常缶より高い。フタには、飲料缶では初となるダブルセーフティー構造を採用し、口・手が切れない構造だ。

6日のコンビニ先行発売からSNSなどで話題を呼び、4月のコンビニ販売予定分を2日間で販売。各店頭では品薄の状態となり、供給が追い付かないことから出荷一時停止に踏み切った。

スーパーなど他のルートでは20日からの発売を予定しているが、現時点での変更はない。