増える困窮学生 大学でパックご飯配布 全国包装米飯協会

全国包装米飯協会では3月28日、中央大学多摩キャンパス(東京都八王子市)で学生らへ9千個のパックご飯を無償提供した。

地方出身者が多い同大では、新型コロナウイルスの感染拡大から仕送りやアルバイト収入が減少し、困窮している学生もいる。こうした状況に対応し、大学と連携した支援を実施。同キャンパスで行われた「2020年度入学生 歓迎・激励セレモニー」の中で、昨年度に入学しながらも入学式が行えなかった新2年生に配布したもの。協会作成のチラシも配布し、簡単便利な包装米飯の活用をアピールした。

協会では今年度の事業として、関東・関西の大学数校をリサーチした上、こうした支援事業を2~3校で行う計画だ。