かつお節の味をデジタル化 ヤマキとIHIが検査装置開発

ヤマキとIHIは、味のデジタル化を実現する品質検査装置を共同開発し、ヤマキが原料として取り扱うかつお節の品質検査に関する実証実験を開始した。

ヤマキが取り扱うかつお節は、熟練した検査員の目利きによる入荷時の品質検査、また、破壊検査による各種成分定量分析によって高い品質が保たれている。

一方、熟練検査員の目利き検査は限られた人員で検査を行うため、検査数が限定されること、成熟した技能の伝承に長い時間がかかることが課題になっている。また、破壊検査による成分分析は全数検査ができないため、検査数が限定されること、分析に一定の時間がかかることが課題になっている。

ヤマキとIHIは、このような課題を解決するため、2019年から原料を定量的・客観的に評価することで、味のデジタル化を実現する同装置を共同開発してきた。

同装置は、食品に光を照射することで、生産工程において非破壊かつ非接触で連続的に品質検査ができるため、全数検査が可能となり、食品の品質安定化や歩留まりの改善につながる。また、熟練検査員の技能を人口知能(AI)に学習させることで、技能の継承が可能となる。

両社は共同開発した同装置と技術に関して、特許を共同出願している。共同開発はIHIのオープンイノベーションスペースであるIHIグループ横浜ラボ「i-Base」の第一号案件。